無肥料栽培農業研修育成コースのご案内

 

 

シードマイスター協会がめざす農業とは

種からこだわった安心安全な究極野菜を供給できる農家を育成すること

 

福岡県福津市で無肥料栽培農業研修を実施しています。

農業研修の目的は、自家採種、完全な無肥料栽培を実践したい方を一人でも多く増やしていくことです。

 

化学物質過敏症や食物アレルギーにより食の制限が多くて、日々食べるものがなくて悩んでいる方々が推定で300万人いると言われています。このような状況で苦しんでいる方でも安心して食べられる野菜作り、健やかに生きるための食を支える農業を志す方の農業研修を実施しています。

鍬の使い方から流通のノウハウまで初心者でも参加できる研修なのでぜひ参加してください。

大型機械を使わないので誰でもできる農業が無肥料栽培です。

 

シードマイスター協会は、種からこだわった究極の安心安全な野菜を供給していく農家を増やしていくこと。

 

ほんものの無肥料栽培、自家採種で野菜を作る人を育て、全国に拡げていきたいと思っています。

 

無肥料栽培があらゆる場所で行われ、安心安全な野菜がどこでも買えるような健やかな食創りを目指しています。

 

 

 

福岡県福津市の圃場


 【研修内容】

圃場準備、マルチ張り、播種、管理作業、間引き、草取り、剪定、収穫、出荷、片付け、種取りなど。
年間20種類以上の野菜など作付けを行う。生産から出荷までの作業を一貫して学ぶ。
初めての方にも分かるように実施研修しながら、日々の研修で内容を確認していく

※無料研修には座学はありませんので質問は実習時にお聞きします。

 

〈農業研修に参加される方の条件〉

 協会会員になることが必須となります。(1日お試し体験コースは除く)

 

 

※有料農業研修に1年間参加される方はシードセミナーの資格「シードマイスター」になることも必須となります。

**********************************************************************************************

 

🍀 研修に参加ご希望の方は下記の内容をご確認の上お申込みください 🍀

参加申込みは実施日の2日前まで受付けます。

キャンセルは必ず前日までにご連絡ください。無断欠席した場合、次回からの参加をお断りいたします。

雨天の場合は翌週に開催予定ですが、スケジュールにより開催できない場合があります。

前日までにメール連絡しますので必ずメール確認してください。

 

参加者は昼食各自持参(協会に依頼する場合は別途昼食代¥1,000・前日までに要連絡)

宿泊施設が必要な方は応相談

応募資格:20歳以上、無肥料栽培農業者になる意欲がある方

 

 

 

✦✦農業研修各コース✦✦

**********************************************************************************************

基本から学べる月1回の農業研修

 

◆座学・実施研修コース 

作業過程の基本から無肥料栽培を学ぶ。

実践研修に加え、座学を学び農業者としての資質を向上させていく 

 1日 ¥1,500 毎月1回実施

 

単発参加もできます。

受講費は当日お支払いください。

毎回、無肥料栽培野菜と有機野菜(または、慣行野菜)の食べ比べをします。

食べ比べることで無肥料栽培と有機野菜、一般野菜の違いを確かめ、ベロメーター(舌)を鍛えていくことが出来ます。

1年間参加された方は、シードマイスター協会から無肥料栽培基本コース修了書を授与します。

 (協会会員であることが条件となります)

 

🍀 農業研修 年間カリキュラム 研修時間10:00~16:00 🍀

 

1月20日(土)終了しました 

農家と認定農業者の違い、農家になるための基礎知識

基本農具の使い方:クワの使い方。自己流では腰を痛めます。

実習:畝立て、マルチ張り、自家採種した種や固定種の種蒔き(人参、カブ)

 

2月17日(土)終了しました 

耕作準備について、畝立てとマルチ張りの仕方

基本農具の使い方:クワと管理機の使い方

無肥料栽培では大型機械は使用しません。小さい機械を使いこなす技術を学びます。

実習:管理機による畝立てとマルチ張り、自家採種した種や固定種の種蒔き(ジャガイモ)

 

3月17日(土) 除草について① カマの使い方 終了しました

基本の農具の使い方:色々なカマを上手に使いこなす方法

無肥料栽培での除草はとても大切です。作業が楽な除草の仕方を学びます。

実習:鋸カマと片刃カマによる除草、自家採種した種や固定種での種蒔き(ピーマン、シシトウ、トウモロコシ)

 

4月21日(土) 除草について② 刈払機の使い方(ヒモ刃、プラスチック刃、丸刃) 終了しました

基本の農具の使い方:雑草が多くなる時期にかかせない刈払機の安全な使い方を学びます。

実習:効率的な草刈りの仕方、自家採種した種や固定種での種蒔き(ゴーヤ、枝豆、モロヘイヤ)

 

5月19日(土) 自家採種:種採りの仕方①と固定種や自家採種ならではの間引きについて

基本農具の使い方:交雑しない種採りの仕方、純粋な種採りのためのネットの使い方

実習:純粋な種採りのためのネット張り、自家採種した種や固定種での種蒔き(ズッキーニ、マクワウリ、つくね芋)

 

6月23日(土) 間引きと剪定について

基本農具の使い方:収量を増やすための剪定方法(トマト、ナス、ピーマンなど)、

実習:果菜類のネットの張り方、自家採種した種や固定種での種蒔き(種蒔:山東菜、フダンソウ、葉ネギ)

 

7月21日(土) 収穫について:固定種や自家採種の収穫の仕方

基本農具の使い方:無肥料栽培野菜の収穫-包丁やハサミを安全に使いこなす方法

実習:固定種や自家採種の収穫、自家採種した種や固定種での種蒔き(小豆、キュウリ、小松菜)

 

8月18日(土) 自家採種:種採りの仕方②果菜類 固定種の種の選抜と保存方法

基本道具の使い方:学んだ道具の使い方の復習

実習:種取りを選抜して次に撒く種を保存する、自家採種した種や固定種での種蒔き(キャベツ、インゲン、南瓜)

 

9月15日(土) 収穫した後に畑をキレイにする:片付けについて

実習:簡単なマルチ剥がし、自家採種した種や固定種での種蒔き(白菜、水菜、大根)

 

10月20日(土) 雨避けハウスの使用方法、注意点

基本農具の使い方:寒さ対策の雨避けハウスについて

実習:ハウスの張り替え、自家採種した種や固定種での種蒔き(ニンニク、ラデッシュ、ほうれん草)

 

11月17日(土) 寒さ対策、トンネルの張り方

基本農具の使い方:ビニールトンネル

実習:強風でも剥がれにくいトンネル張りの方法、自家採種した種や固定種での種蒔き(春菊、サナダ菜、ニラ)

 

12月15日(土) 寒さ対策のベタ掛けの方法:ベタ掛けとは?不燃布の使用方法と注意点

基本農具の使い方:不燃布によるベタ掛けの方法

実習:不燃布によるベタ掛け、自家採種した種や固定種での種蒔き(スナップエンドウ、そら豆、絹さや)

  

 ※作業内容、野菜の種類は気候変動により変わる場合があります。

**********************************************************************************************

 

🍃無料実施研修コース(実習のみで座学はありません)  

日々の無肥料栽培の作業を経験しながら、無肥料栽培を学ぶ 

実習しながら質問して学ぶことが出来る。

 

**********************************************************************************************

🍀1年間農業者育成研修 通学コース(農業者認定の基準である年間150日前後を基本としている)〈有料〉

本格的な農業者をめざす方の座学を含めた総合的な育成研修コース

無肥料栽培・自家採種を実施するための基礎知識と独立後の出荷先まで見据えて学ぶ。

座学では無肥料栽培の理論をしっかり学び、農家として独立できる資質を基本から販売価格の考え方まで丁寧に学んでいきます。

実習研修:1ヶ月15日〜20日程度(時期により時間と日数は異なります)

座学:年間25〜30回程度、必要に応じて実施します。

月1回実施する1日の農業研修にも無料で参加できます。

年間研修費用については内容により異なりますのでご相談ください。

 

1年間修了された方は、シードマイスター協会より、無肥料栽培修了書を授与します。

また、農業者として栽培した作物は協会が認めた栽培内容に限り、協会へ販売可能となります。 

 

**********************************************************************************************

 

🌿農業実践研修お試しコース1日体験

 

無肥料栽培農業研修を試してみたい方

費用:無料(昼食各自持参)

家庭菜園やプランター栽培でも実施している方は簡単な無肥料栽培の基本を学ぶことできる。

 


  ※お申込み備考欄にご希望のコースをご記入ください